【愕然】ブラック部活動の実態が酷い・・・あなたの子供は大丈夫?兵庫龍野高校テニス部JKが植物状態となり寝たきり、なぜ10年経った今も多発?



 

兵庫県立龍野高校(たつの市)のテニス部員の女子生徒が2007年、

 

練習中に倒れ、寝たきりとなった事故から24日で8年になる。 

学校や教育委員会の対応に不信を抱き、裁判を起こした両親にとっては苦しみ抜いた日々。
 
 
「原因が解明されない限り、事故はまた起こる。学校は安全を第一に考えて」。
 
 
変わらぬ思いを胸に、娘の介護を続ける。(上田勇紀) 

女性は兵庫県太子町の梨沙さん(24)。

 
 
事故当時、同校2年生で、硬式テニス部のキャプテンだった。
 
 
英語が好きで、将来は客室乗務員を目指していた。 
 
 
あの日から目が見えず、言葉も話せない。
 
 
“植物状態”と診断された。
 
 
リハビリを重ね、好物だったプリンやヨーグルトは口から食べられるようになった。
 
 
だが、大半の栄養はおなかから管で直接胃に流し込む。 

「どこまで意識があるのか、私たちにも分からない」。父(52)が寂しそうに言う。

 
 
笑い声に反応し、声を出して笑う。一方、夜から明け方まで叫ぶことがあるという。 
 
 

ブラック部活動で寝たきりとなった女子高生

 

2007年、兵庫県たつの市にある県立龍野高校で事故が起きた。

 

テニス部員の女子生徒が部活動中に熱中症で倒れ、そのまま寝たきりとなってしまった。

 

寝たきりとなったのは兵庫県太子町に住む梨沙さん。

1007_b2

 

5月24日に事故は起きました。ちょうど中間試験が終わったばかりだったようです。

 

その日の部活には顧問は来ておらず、キャプテンだった梨沙さんが顧問の指示を事前に受け、指示通りの練習を行っていました。

 

悲劇が起きたのはランニング中だった

 

高校から約1キロ離れたテニスコートから帰るランニングの途中で悲劇が起きました。

 

梨沙さんはランニング中に突然倒れ、病院に運ばれました。

 

植物状態で寝たきりの生活に、続きはコチラ↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。