国によってイケメンの価値観が違う! 世界12カ国の『理想の男性像』!!



海外メディアが作成した話題の動画

Men’s Standards Of Beauty Around The World

ここからは、アメリカ、メキシコ、ブラジル、南アフリカ、ナイジェリア、トルコ、イタリア、イギリス、インド、韓国、フィリピン、オーストラリアの12か国における近年の理想の男性の姿を詳しく見ていくこととしょう。

1. アメリカ

1_e8

・最も「アツい」男性有名人:
クリス・エヴァンス、チャニング・テイタム、クリス・プラット

・サンフランシスコ州立大学における調査によると、メディアが女性のダイエットを促進するような地域では、男性は筋肉質になるように先導される。

<スポンサーリンク>

・アメリカで理想的とされているのは、肩・二頭筋・胸筋を含む上半身に幅がある体型の男性である。「V型」がキーワードのようだ。

・近年、あごひげを生やし、チェックのシャツを来るような恰好が白人系アメリカ人の中で流行っており、「ランバーセクシュアル」という呼び名で認識されるようになってきている。

・2015年に発行されたハリウッド多様性報告書によると、2013年に映画界で活躍した有名俳優たちの83.3パーセントが白人であり、ピープル・マガジン誌の「最もセクシーな男性」の称号を獲得した人々のうち、非白人だったのは、1996年のデンゼル・ワシントンだけである。

・ユーロモニター・インターナショナルという市場情報バンクによると、オシャレグッズにお金をかけるアメリカ人は、1997年には24億円だったのが、2009年には48億円まで増加したという。

・ミンテルという市場調査会社によると、2014年、男性専用の美容グッズはアメリカの市場において41億円を売り上げたという。

 

2. メキシコ

2_e5

・最も「アツい」男性有名人:
デイヴィッド・ゼプダ、エリック・エリアス、ガエル・ガルシア・ベルナル

・「マッチョ」や「タフさ」を見せる事が、メキシコ流の男らしさの大事なポイントである。伝統的なメキシコ文化との結び付きが深い男性は「マッチョ」な振る舞いを重視する、との調査結果もある。

・メキシコ流男らしさには矛盾するような点もあり、それが「カバレリスモ」、つまり紳士的で家庭的な男性像である。

・2000年に集計された世界で最もうぬぼれの強い男性ランキングで、メキシコ人男性は、ベネズエラ人男性に次いで2位だった。

↓次ページはブラジル↓