【警告】絶対に拾うな!台湾で『赤い封筒』を見つけたら警察すら拾えない衝撃の理由・・・



これは台湾の「冥婚(めいこん)」と呼ばれる儀式で死者と結婚させるためのものなのです。

家族が若くして亡くなった子どもに対し、死後の世界で結婚させてあげる儀式。
この奇妙な風習は、一般的なガイドブックには載っていません。

台湾静宜大学で台湾民俗文化を研究している林茂賢・准教授の話によると、台湾の「冥婚」は主に「若くて死んだ未婚女性」と「生きている男性の結婚」の間で行われます。

赤い封筒は、その「冥婚」のために用意されたものです。
「冥婚」には、生きている男性と結婚して、
嫁がせるのが家族のためにも、女性のためにもなるという考えが反映されています。

赤い封筒は台湾の東森新聞の過去の報道で取り上げられることもありました。

赤い封筒の中には、お金や、若い娘の写真、
生年月日が書いた紙、髪の毛などが入っていることもあります。

続きはコチラ↓↓