「そういう所なんだよなぁ・・・」と思われている育ちが悪い人がする行動14選。育ちが良い人は絶対にしない?



自分では自覚がないのに他人に「育ちが悪い」という印象を与えてしまうことがあります。

今回は育ちが悪い人がする行動14選を紹介します。

 

育ちが悪い人に見られる行動14選

1.言葉遣いが悪い

言葉遣いも親の躾のうちです。「てめえ!」「ふざけんな」などを使っていないでしょうか?
社会人になれば敬語などを使いこなすのが当たり前。最低限失礼のないようにしておきたいですね。

気心知れた関係の人の前ならまだしも、職場などで使ってしまったら最悪です。他の場面ではイライラした時や怒った時に汚い言葉を使う人も育ちの良し悪しが問われます。

2.箸の持ち方がおかしい

箸や鉛筆の持ち方というのは基本的なマナーのようなもので、親からも学校の先生などからも、しっかりと指導されるものです。一緒に食事をするとその人の育ちがわかることがあります。

そして、その持ち方がおかしい人はしっかりと教育やしつけがなされていなかった人ということになり、育ちが悪いと言えます。

基本的な常識やマナーは親のしつけや教育によるもので、それができていないからこそ、育ちが悪くなってしまうのでしょう。

3.クチャクチャ噛むなど食べ方が汚い

食事中の食べ方もマナーの一つであり、誰もが心地よく食事をしたいものです。なので、他の人に迷惑になるような汚い食べ方は厳禁でしょう。

綺麗に上品に食べる人は育ちが良い人と言えますが、汚い食べ方をするのであれば、それは育ちが悪い特徴になります。

食事をするとき、クチャクチャと音を出してしまうことはないでしょうか。本人は気づいていないことが多いのですが、周囲を不快にさせることも・・・。

続きはコチラ↓↓