【歴史的感動の瞬間】桐生祥秀、日本人初の9秒台達成!優勝とともに手に入れた大記録!!(動画あり)



生祥秀が陸上・男子100mの日本記録を更新!

今まで誰も達成できなかった9秒台をマークしました。

その歴史的瞬間の動画がこちら。

 

桐生祥秀・プロフィール

「桐生祥秀」の画像検索結果

名前 桐生 祥秀(きりゅう よしひで)
生年月日 1995年12月15日
出身地 滋賀県彦根市
身長 176cm
体重 70kg
中学 彦根市立南中学校
高校 洛南高校(京都)
大学 東洋大学

引用元:Wikipedia

 

100mの経歴

009年(中学2年)11秒25
2010年(中学3年)10秒87
2011年(高校1年)10秒58
2012年(高校2年)10秒19 ユース世界最高記録、高校記録、ジュニア日本記録
2013年(高校3年)10秒01 日本歴代2位、高校記録
2014年(大学1年)10秒05 学生記録タイ
2015年(大学2年)10秒09
2016年(大学3年)10秒01
2017年(大学4年) 9秒98 日本新記録

引用元:Wikipedia

 

桐生祥秀選手は、2015年、アメリカ合衆国テキサス州オースティンのテキサスリレーで、100m、9秒87をマークして優勝しています。
この時は、3.3メートルの追い風参考記録だったために、公式記録にはなっていませんでした。
ここから、日本人初の9秒台ということで、期待が集まっていましたが、
桐生祥秀選手は2016年は、山縣亮太選手ケンブリッジ飛鳥選手の後塵を拝することが多く、レース後には悔し涙を流していた姿がニュースで流れていました。
2016年のリオデジャネイロオリンピック男子100m予選では、10秒23で、7組4着となり準決勝進出を逃しています。
2016年は、前年の足の負傷の影響で、スランプだったようです。

 

桐生祥秀、9秒台に到達!動画はコチラ↓↓