【まさに男のロマン】人間ドックでPSAが悪かった。消灯後、ナースに診察してもらい……(実話)



人間ドックで前立腺がんの疑いがあるので、
2ヶ月前に1泊2日の検査入院で調べることにしました。

病院で消灯後、ナースに診察してもらい一線を越える関係に・・・

人間ドックでPSAが悪かったので検査入院することに

前立腺がんの疑いがあるので生検をした方が良いよと言われ、
2ヶ月前に1泊2日の検査入院で調べることにしました。

検体採取後に微熱と排便障害が出て数日入院することになり、
二人部屋だが横のベットは空いており、
導尿してくれた看護師のKさん(27歳)が、
僕の大きな亀頭部を見て驚いているのがわかったので
「どうかしました?」と聞くと「何でもないですよ」と言って病室を出ていった。

検温の時にKさんに
「先ほどは驚いた顔をしていましたよ」と聞きましたが
「本当になんでもないです」と言われたので
ちょっとからかってみようと思い、
「少し顔が赤いよw体温を測って下さい」と言い、
そこで変な方向にw

「冗談はよして下さい・・・」
「本気だよ」
「〇〇さん(僕)て、冗談が上手いから」
「夜勤のときでも良いよ!」

と言って体温計を渡すと37.8℃を示しており
「まだ高いね」と言って病室を出ていった。

2日後、脈ありメモを渡され・・続きはコチラ↓↓