無人島でサバイバル。32人男対1人女で複数レ●プ?女を巡って命を奪い合うほどの惨劇となった「男を惑わす女」(画像あり)に驚愕……



ある孤島で起きた「アナタハンの女王事件」を知っていますか?32人の男性が1人の女性を巡って起きたこの事件。

とんでもない結末をむかえることに・・・!!

 

殺人島になったアナタハン島

日本から飛行機で約3時間。

リピートの多い海外リゾート地サイパン島から北へ117キロ(東海道新幹線で東京⇔三島間位かな)に東西の長さ約9キロ・幅3.7キロの「アナタハン島」という小さな可愛らしい島があります。

エメラルドグリーンの海にポツンと浮かぶアナタハン島は、今から70年以上前では想像もつかない別世界が広がっていたのです。

アナタハン島

サイパン島を中心に製糖所を建てて、アジア最大の製糖産地として発展させた準国策会社の南洋興発㈱という日系企業が進出していました。

この日系企業で働く、男性社員の比嘉正一さんとその妻・和子さん、そして男性上司3人は、アナタハン島に赴任。

彼らは島の原住民45人を雇って農園を運営していましたが、太平洋戦争末期になると、サイパン周辺も激戦地となってしまいました。

和子の夫の比嘉正一は、同じマリアナ諸島のパガン島に妹を心配し島を出ますが、行方不明に・・・。

アナタハン島もアメリカ軍の攻撃を受けますが、比嘉和子と男性上司は命を落とすことはありませんでした。

しかし、家や家財道具などを失い、2人で力を合わせて生きていかねばいけない事態に・・・。

 

32人の共同生活

そんな生活も長く続くことはありませんでした。

近くを航行していた日本のカツオ漁船数隻が米軍の攻撃を受け沈没し、31人の乗組員たちが命からがら島に泳ぎ着いたのです。

31人は全員軍人と軍属で、大半が20代、最年少はなんと16歳の少年でした。

ここから、比嘉和子と男性32人の生活が始まりました。

共同生活

食糧不足の上に、ろくに着るものもない中、彼らは力を合わせて生活していきます。

拳銃が全てを変えた?続きはコチラ↓↓