【衝撃事実】小学低学年の女の子『お腹が痛い、吐き気がする』父親と検査へ。結果女壬女辰5ヶ月であることが判明!しかも相手が・・・



あなたはこの話が信じられるかわかりません。

 

ですが現実に

 

小学生の女の子『お腹が痛い、吐き気がする』

 

検査の結果妊◯5ヶ月であることが判明したのは

 

事実です。

まずはネットの反応ご覧ください!

小学生が妊娠してしまうという事実にぼくは成す術もない

兄(病院勤務)の話。

つい最近、小4~5の女の子が

 

救急車で運ばれてきたんだって。

 

その子は「お腹が痛い、吐き気がする」と

 

訴えているとのこと。

 

兄はその話を小耳に挟んだ後も、

 

通常の業務をこなしていったものの

 

まだ小さい子だけに

 

「ややこしい病気でなければいいが」

 

と心に留めていたそうだ。

 

で、気になって後で担当した同僚に訊いたら

 

検査の結果は病気でも

 

何でもなくてなんと妊娠5ヶ月だったらしい。

 

ぽっちゃりめの子(しかも地味め)だから本人も、

周りの人たちも

 

今回検査して判明するまで気がつかなかったらしい。

 

しかも相手は一つ上の男の子。

続きはコチラ↓↓