【衝撃】AKB人気メンバーの家賃は●00万!!?運営会社の申告漏れで明らかに!!



AKB48の運営会社AKSと関連会社が3年間で約5億円の申告漏れを指摘された件で、思わぬところに波紋が波及している。
今回の税務調査を受け、AKBメンバーたちの「家賃」も明るみに。
その衝撃的な金額にファンからは驚きと怒りの声が…

アイドルグループ「AKB48」の運営会社「AKS」と関連会社が東京国税局の税務調査を受け、平成26年11月期までの3年間に約5億円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。過少申告加算税を含めた追徴税額は1億数千万円になるという。

申告漏れのうち約4億円は、同社が立て替えてきたメンバーの家賃や旅行代、歯の矯正費など。その中でも家賃が大部分を占めるという。

AKBグループは基本的にデビュー当初はAKS預かりとなり、一定のキャリアを積むとグループに所属したまま別々の芸能プロに巣立っていくスタイル。AKSはメンバーの報酬を芸能プロに支払う。だが、AKSはメンバーが家族と暮らす家賃や私的な旅行代金などを立て替え、それを経費として処理していた。これらが課税対象である「寄付金」として国税に判断された模様だ。

悪質な所得隠しではないといい、AKSサイドは「東京国税局と見解の相違はあったが、当局の指摘を踏まえて適正に税務申告した」とコメントしている。

しかし、ネット上では「家族と住んでる家賃は無理だろ」「プライベート旅行が経費のわけない」「本気で経費だと思ってたなら税理士が無能すぎる」などといった批判的な意見が噴出。計画的な申告漏れだったのではないかと疑う声まで上がっている。

それ以上にファンを驚かせたのは家賃の額だ。朝日新聞の報道によると、メンバー個人のマンションとしてAKSが立て替えていた家賃は月100万~200万円という超高額物件。AKBグループの人気と売上はすさまじいものがあるが、大半のメンバーが10代~20代前半ということを考えると驚きを禁じ得ない。

 

ファンからはこんな声も・・・続きはコチラ↓↓