名バイプレーヤー、韓国籍「新井浩文」の素顔。ツイッターが面白くてその魅力にハマる人続出!



新井浩文はなぜ韓国籍に?結婚してる?Twitter暴露や二階堂ふみとの破局など!

ドラマ『ど根性ガエル』のゴリライモを演じている俳優さんが気になる!その人の名は、新井浩文(あらい ひろふみ)さん。

すごくよく見かける気がするんだけど、どこで見たのか思い出せない…

それもまた新井さんが、役柄によってがらりと印象を変えてしまう“カメレオン俳優”と呼ばれる所以(ゆえん)かもしれません。

新井浩文のプロフィール

20150729-001
  • 本名:新井 浩文(あらい ひろふみ)
  • 生年月日:1979年1月18日
  • 出身地:青森県弘前市
  • 身長:181cm
  • 血液型:A型
  • 学歴:青森県立弘前実業高等学校中退

新井さんは青森県出身の36歳。意外と若い。

小学校4年生から始めた卓球で頭角を現し、高校時代には全国高校選抜卓球大会に出場するほどの腕前です。

あの風貌で意外と爽やかな学生時代を送っていたのか!?と思いましたが、卓球への熱意とはうらはらに“学業”という点においてはさっぱりやる気がなかったようです。

遅刻は当たり前、で、昼頃に登校。

やっと来たかと思ったら、授業には出ずに午後からは部活。あまりにも姿を現さないことから「ツチノコ」とあだ名をつけられる程だったとか。

高校や大学など学歴は?

新井さんが通っていたのは、青森県立弘前実業高等学校。

いわゆる「専門技術や知識を習得するための高等学校」ですね。

新井さんは、その情報処理科に属していたわけですが、授業の内容は主にパソコンとか簿記とか。情報処理科ってそんな感じですよね。

そんな授業を受けながら、新井さんはこう思いました。

「(将来)別にやりたかねえしな!」

20150729-004

そこからです、授業に出なくなったのは… そんな新井さんがなりたかったもの、それは…

「有名になりたい!」

「ビッグになりたい!」と言った桐谷健太さん的なあれだ。

そうして、高校3年生の進路を決める段において「日本映画学校」への入学を希望したのです。しかし、ろくに授業も出ていない新井さんに担任は「遅刻が多すぎて推薦はできない」と告げました。

それが原因なのかどうなのか、新井さんはの道を選びました。

デビューのきっかけは荒戸源次郎との出会い

日本映画学校への入学を断念した新井さんは、「有名になるには東京だろ!」ってことで、19歳のときにあても無く上京。

「まずはモデルか?」ってことで、知人がモデルにスカウトされたという原宿へ出向き、ウロウロ…ウロウロ…ウロウロ…

はい、スカウトされません。

なんなんだよ!!もう飲むしか無いでしょ!となり、行きつけの屋台で酒をあおっていると、そこに現れたのが、映画監督でありプロデューサーの荒戸源次郎(あらと げんじろう)氏だったのです。

20150729-002

荒戸氏が“映画監督”だと聞きつけると、無謀にも「役者やりたい」と直談判。すると「無理だからやめとけ」と一蹴されてしまいます。

何度も「無理だ!」と言われ、腹が立った新井さんはなんとビール瓶を掴み…

いえ、殴ってはないですよ、未遂です。ブルブル…

そんな血の気の多い新井さんに対して、少しもひるむ様子のない荒戸氏の態度に「ちょっとビビった」と言います。かっこいいですね。

そんな激しい出会いでしたが、なぜか意気投合し連絡先を交換。翌日また同じ場所で再会すると、荒戸氏の口から出たのは

「お前いけるよ。俺が預かるよ!」

のちに荒戸氏は、新井さんとの出会いに触れ「すごく自分に自信があり、その自信に全く根拠がない。そこに惹かれた」と語りました。なるほど、かなり強気の性格みたいですからね。そこが魅力なんですね。

Twitterが話題

続きはコチラ↓↓