【衝撃実話】実話強盗に殴られ意識不明の不良青年。目覚めると超天才になっていた!?脳の機能を一部失うと誰もが天才になるかもという新事実に驚愕する。



2002年9月13日、当時31歳のジェイソン・パジェットはカラオケバーの帰りに2人組の強盗に襲われました。 意識を失って倒れ緊急入院を余儀なくされたジェイソン。しかしこの事件が彼の体に残したものは傷跡だけではありませんでした。意識が戻ったジェイソンが目を開けると、全てのものが幾何学に見えるようになっていたのです。自らの手でさえも。彼は数学的な天才に生まれ変わっていました。

 

Jason Padgett тархиндаа хүнд гэмтэл авсанаа болж бэртсэн.Гэвч тэрээх математикийн шинжлэх ухааны суутан болсон.http://www.livescience.com.ln.is/nLwoU 

 

ワシントン州タコマ出身のジェイソンは、事件以前は学問への興味はほとんどなく、大学を中退し両親の経営する家具屋で働きながら、スポーツカーを乗り回して女の子に声をかけてはバーで飲み歩いていました。「子供の頃は『数学なんてやって一体何の意味があるんだ?』って真っ先に言うような子だったよ」ジェイソンは言います(下の写真左は事件前のジェイソン)。

しかし事件後、彼の世界は大きく変わります。「目の前の現実世界が複雑な幾何学模様と線とフ

ラクタルでできているんだ。全てが美しく見えるんだ」数学的基礎など一切なかったジェイソンでしたが、大学に戻り数論を学び始めます。

さらにお驚いたのは・・・続きはコチラ↓↓