岡田有希子の自さつ原因に新真相が判明!ファン後追いが300人越えしたアイドルの謎のタヒ



岡田有希子さんは、1980年代に活躍したアイドルです。1983年にデビューし、スター街道を歩いていた最中、1986年に投身自殺をしました。

 

ここではアイドル岡田有希子さんの自殺と遺書内容、自殺真相をまとめています。

岡田有希子さんのプロフィール

芸名:岡田有希子(おかだゆきこ)

愛称:ユッコ

本名:佐藤 佳代(さとうかよ)

出身地:愛知県一宮市

生年月日:1967年8月22日

没年月日:1986年4月8日(於東京都新宿区四谷)

デビュー:1983年

身長:155cm

所属事務所:サンミュージック

 

岡田有希子さんは、1983年にデビューしたアイドル歌手です。「ポスト松田聖子」と期待された逸材でしたが、デビューから約2年半年後の1986年4月に所属していたサンミュージックの自社ビル(当時)から飛び降り自殺。

 

その衝撃的な現役アイドルの自殺は、ティーンエイジャーらの後追い自殺が後を絶たず社会問題に発展しました。自殺後2週間で後追い自殺した人数は30名を数え、最終的には100名若しくは300名などと言われることがあります。のちに、国会で議員がこの話題を取り上げたほどです。

 

 

アイドルとしての略歴。

 

岡田有希子さんは愛知県で生まれ、小学校時代には「画家・小説家」になりたかったそうですが、中学生頃から芸能界を目指すようになります。親族の反対にあいながらもオーディション番組「スター誕生!」 で合格しサンミュージックに所属、芸能界入りしました。
 
1983年10月にタレント活動を始め、1984年4月に歌手デビューも果たし、同年のレコード大賞では最優秀新人賞受賞。以降、アイドル歌手として全国ツアーやプロモーション、連続ドラマ出演等とんでもない仕事量をこなしてきたと言われます。
 

1985年2月に密着取材を受けた岡田有希子さんの様子より。

 

2月9日は仙台で8時から21時まで13時間、14日は東京で10時から22時まで12時間、2月15日は9時から23時まで14時間、イベント出演、テレビやラジオ番組の収録、ドラマ撮影、取材などのタレント活動をこなす。体調不良のため途中に病院で診察を受け、風邪と過労の診断にも関わらず点滴を打ちながら仕事をこなす岡田の姿に、『DUNK』の記者は「その忙しさを毎日こなしているなんて、立派であることをしみじみ実感する。私たちの体力ではもう駄目。ああ情けない」と感想を述べている。

引用:岡田有希子 wiki

 

またデビュー時は16歳、亡くなった際に18歳だった岡田有希子さんですが、その約3年間で数十億の売り上げをあげていたと言われています。
 

岡田有希子の場合には三年間で三十億円稼いだとか言われておる。

引用:104 衆議院・文教委員会

 

岡田有希子さんの自殺前後の時系列 

続きはコチラ↓↓