【過酷労働】現役アイドル働きづめ。AKB非選抜メンバーでも朝から晩まで!?体調不良相次ぐわけやwwwwww



 

現役アイドルの過酷労働…非選抜メンバーでも朝から晩までにしいられる現状の画像1

1月31日に乃木坂46のグループ1期生である生駒里奈(22)が、続けて2月2日には同じく1期生の川村真洋(22)が卒業を発表した。昨年の2月には人気メンバーの橋本奈々未(24)が卒業し、11月には中元日芽香(21)も卒業しており、これからも卒業ラッシュが続く時期に来ているのではないかと見られている。なぜ人気絶頂の時にもかかわらず、卒業を選択するメンバーが増えているのだろうか。

 まずひとつの理由として、将来設計を考えて別の場所へと環境を移すというものが挙げられる。10代中旬からアイドルとして第一線で働いてきた彼女たちも、一般女性が社会に出るタイミングである22歳前後に、今後の人生を考えるということだ。現役アイドルたちの代表的なグループ卒業理由だ。

 そしてもうひとつは、アイドルとしての仕事があまりに多忙であることも考えられる。橋本奈々未や中元日芽香は卒業とともに芸能界から引退。人気があるうちに引退してしまうことを外野からは「せっかく売れたのにもったいない」と惜しみたくなるが、アイドルを取り巻く環境は今も昔も過酷で、生半可な気持ちでは決して続けられないだろう。しかも、テレビ出演で大忙しなのではなく、握手会など接触イベントが多数あることは、昔のアイドルとの大きな違いだ。

続きはコチラ↓↓