【涙腺崩壊・厳選!!】何度みても泣ける話 まとめ⑦



 

パパになったたかしへ

 

俺の母親は俺が十二歳の時に死んだ。 

ただの風邪で入院してから一週間後に、死んだ。 

親父は俺の二十歳の誕生日の一ヶ月後に死んだ。 

俺の二十歳の誕生日に入院中の親父から手紙を渡された。 

黄ばんだ封筒を開けるとセロハンテープの後がくっきり写る。 

中を読むとお袋からの手紙だった。 

『パパになったたけしへ』 

内容は俺が生まれた時のことから中学の入学した頃までのことが書いてあった。 

生まれた子が俺で良かったって。

短い間だったけど楽しかったって。

 

続きはコチラ↓↓