【恐怖】解体屋で働いてた時、オーナー「これとあれで2こ1にしといて」俺「了解です」→ 最終仕上げで板金屋に持ち込んだ → 板金屋「ちょっと来て」→ 俺「見なかったことにしましょう…」



【恐怖】解体屋で働いてた時、オーナー「これとあれで2こ1にしといて」俺「了解です」→ 最終仕上げで板金屋に持ち込んだ → 板金屋「ちょっと来て」→ 俺「見なかったことにしましょう…」

 

20年程前、関西のある
 
都市の解体屋でバイトをしていた時。
 
今は考えられないけど、
 
当時はバブルの終焉期で
 
「シーマ現象」なんつって
 
20代そこそこの就職したての若僧でも
 
5~600万円する高級車をローンで
 
ポコポコ買って乗り回すのが流行ってた。
 
で、バイトしてた解体屋に高速で事故って
 
車体がくの字に折れ曲がった高級車が入ってきたのよ。
 
そこでオーナー(某国人)からストックしてた
 
同車種の解体車と俗にいう
 
「2こ1(解体車2台を前と後ろで
 
くっつけて1台作っちゃう・当時は適法だった)」
 
をするよう指示があって、同僚だった
 
某国人と一緒に作業をはじめたの。
 
当たり前なんだけどタヒ亡事故を
 
起こした車体同志なんで、
 
切った貼ったを繰り返して何とか
 
寸法を諸元表通りに収めて、
 
あとは板金屋に持ち込むだけ
 
(細かい傷やへこみを直して再塗装して
 
古車屋・オーナーが経営・にて販売する)
 
になったとき。
 
 
持ち込まれてくの時に曲がった車の前は
 
無事故で綺麗だったんで、それを前部分にして
 
2こ1にしてたから、4枚ある車のドアは全部、
 
ストックしてたオカマ事故を起こして
 
前がグシャグシャだった車のを使ったんだ。
 
で、板金屋に持ち込んだ次の日に板金屋から
 
連絡があって、とにかく来てくれ、と
 
オーナーから指示があって俺が話を聞きに行ったの。
 
 
何気ないいつもの作業が衝撃の展開に・・・
 
↓↓ 次のページへ ↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。